スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おもしろい本 色々

変えよう! 日本の学校システム 教育に競争はいらない変えよう! 日本の学校システム 教育に競争はいらない
(2006/06/10)
古山 明男

商品詳細を見る

私が小学生だった頃、 くじ引きで席順を決めることがありました。 
1番後ろの席になった時 授業を受けながら 「先生は 学校で教えることが本当に楽しいのかな? 子供達は皆 満足してないようだけど。。。”学び”ってこういう方法しかないのかなぁ」 と心の中でつぶやいていた(30年前の)自分を思い出すことがあります。  
その後も 選択の余地もなく日本の学校教育にどっぷり遣って、 大学では教育学を専攻しました。
(日本の学校の)先生になりたかったからではなく、 ”真の教育”って何だろう? という疑問が常に心の中にがあったからでした。  しかし、大学へ行っても満足できる答えは見つかりませんでした。
日本を飛び出し 20歳前後に海外生活を経験しましたが、 帰国してからがまた大変。  日本で常識とされている多くの事に敏感に矛盾を感じて、 逆カルチャーショックのために暗くて長~いトンネルから抜け出せないでいました。  
結婚→出産→子育ての中で、 出産時も相当努力を要しました。。。(これについては別記予定です)
子供が就学年齢に達した時、 小さいながらも自分の意見を常々口にしていたので 尊重することに意義を感じ、 サポートすることに。。。
サポートしているうちに、 先述した事をはじめとする過去の記憶が色々と蘇り 日本の従来の学校教育を他の人はどう考えているか知るためと 今後のための情報収集も兼ねて 再び教育関係の本を読み漁るようになりました。
時が熟したのか、 今ではこういう良本が数多く容易に手に入ります。  
古山さんの本では、 日本の従来の学校教育の問題点と原因、改善法が事細かに 特に原因がズバリ!記されているので 感動したほどです。

エーディト、ここなら安全よ―ユダヤ人迫害を生きのびた少女の物語エーディト、ここなら安全よ―ユダヤ人迫害を生きのびた少女の物語
(2007/07)
キャシー ケイサー

商品詳細を見る

動物ものや 戦争体験を綴ったノンフクションも好きです。  1ヶ月に平均150冊以上読書するのが日常的な娘も 「この本おもしろい!」と言って 何度も読んでいました。
この本を読んで、 フランスのモアサックという町は 訪れたい所の1つになりました。

ヤギ飼いになる―飼い方から実例、グッズ、ミルクレシピまでヤギ飼いになる―飼い方から実例、グッズ、ミルクレシピまで
(2009/07)
平林 美紀中西 良孝

商品詳細を見る

我が家でやぎを迎える前に、 いくつかの牧場へ足を運び 本を読み やぎを飼っていらっしゃる人のブログを拝見したりと かなりバタバタ準備をしていました。
ただ、やぎをペットとして飼う場合をまとめた本が無かったので、 かわいい写真が沢山載っているこの本が出版されて 子供と喜んで読みました。
スポンサーサイト

<< ちっちゃいもの倶楽部のメンバーです | ホーム | 今朝の散歩道 >>


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。